SEO対策(検索エンジン対策)コンサルティングの言い値SEO

SEO対策(検索エンジン対策)コンサルティングの言い値SEOへお電話でのお問い合わせはこちら 045-227-4781

SEO対策(検索エンジン対策)コンサルティングの言い値SEO  HOME

スパムとは

スパムとは

SEO対策を施していく上で、検索エンジンが不正とみなす行為になります。

スパム行為は過度なSEO対策や検索エンジンを騙すようなテクニックにより行われ、それは検索結果に悪影響を与えます。

また、スパム行為により順位の上がったサイトに関しては、一時的には上位に表示されます。ただ、検索エンジンが再度クローリングした際には発見され順位が落とされ最悪の場合サイト自体が検索対象削除されてしまいます。

このような行為を行わず適切なSEO対策を施せば長い期間の上位表示を実現できる可能性があります。短期的な上位表示ではなく長期スパンで考えていくことが必要なのです。

具体的な内容

Google社は検索エンジンに対してスパムになりうると言うガイドラインを出しています。 その中より抜粋してみました。

  • 隠しテキストや隠しリンクを使用しない。
  • クローキングや不正なリダイレクトを行わない。
  • Google に自動化されたクエリを送信しない。
  • コンテンツに関係のない言葉をページに記載しない。
  • 複数のページ、サブドメイン、ドメインで同じコンテンツを公開しない。
  • ウイルス、トロイの木馬、その他マルウェアをインストールするページを作成しない。
  • 検索エンジン用に誘導ページを作成したり、オリジナルのコンテンツがほとんどない提携プログラムのような、見掛け倒しのプログラムを使用しない。

関連用語

クローキング

クローキング(cloaking)とは、「覆い隠す」という意味で、ホームページの訪問者と検索エンジン(クローラ)に別のページを見せるという不正なテクニックです。 このテクニックは、検索エンジンに対して、SEO対策が施されているページを収集させておき、訪問者には、SEO対策のテクニックを全く施さずに作成したページを見せることが狙いになります

隠し文字

隠し文字とは、ブラウザに表示されない、もしくは見えないキーワードをホームページのソースに埋め込む不正なテクニックです。 このテクニックは、よく利用されるキーワードをホームページに埋め込んでおくことで、検索エンジンでヒットする確率が高くし、多くのユーザを訪問させることが狙いになります。